家賃保証会社を利用するメリットや利用する目的などを明確にしていきます

いったいどのようなメリットがあるか

家の模型とお金

家賃保証会社は、賃貸物件の借り主の家賃を保証する会社になります。通常賃貸物件を借りる場合には、保証人が必要になります。最近は保証人が必要のない賃貸物件もありますが、依然として多くの物件では保証人を必要とするでしょう。この時、保証人がいない場合にはその物件を借りることができません。そこで、家賃保証会社にお願いをすれば簡単に物件を借りることができるようになるでしょう。この点が一番のメリットと言えます。家賃保証会社と契約をしている場合には、たまたま家賃の支払いが数ヶ月遅れてしまった場合でも直ちに物件を追い出されるようなことはいません。なぜなら、家賃保証会社の方で本来借り主が支払う分を支払ってくれるからです。もちろんそのあと、借り主は家賃保証会社に支払わなければいけませんが、いざという時に安心できるでしょう。

利用する目的とはどのようなものか

住宅模型

家賃保証会社の活用方法のひとつは、保証人がいないのに物件を借りたい場合です。そもそも、なぜ保証人が必要になるかといえば、借り主が家賃を支払わなかったときにオーナーが損失をこうむるからです。つまり、オーナーの家賃収入を安定化させるために保証人を必要としているわけです。ですが、仮に保証人がいなかったとしても家賃保証会社を利用すれば保証人をつけたのと同じなりますので、借りることができます。特に、身内がいない人にとっては非常にありがたい仕組みといってよいでしょう。また、身内がいたとしても保証人になってくれないことがあります。この場合でも、家賃保証会社を利用する価値は十分にあります。もちろん、最初に利用料金を支払う必要がありますが、多くの場合毎月の家賃の半分程度から1か月分の家賃と同額になるでしょう。

テナントを借りる場合にも利用できる

住宅模型

家賃保証会社は、何も個人的に賃貸物件を借りる場合だけに利用されるわけではりません。ほかにも活用方法があります。例えば、会社を経営したい人がテナントを借りる場合です。テナントを借りる場合には、名義人は法人名になっていることがほとんどでしょう。そして、連帯保証人を必要とする場合でもその連帯保証人自体が法人の代表者の名前になっていることが多いです。そうすると、連帯保証人の意味があまりなくなってしまうことに気がつくはずです。なぜかといえば、法人が賃料を支払えなくなった段階では、連帯保証人の代表者も支払うことができない可能性が高いからです。そうすると、結局物件のオーナーとしては家賃を回収することができません。そこで、テナントを借りる場合には連帯保証人をつけながら家賃保証会社をつけなければならないとする決まりのところもあります。家賃保証会社をつけることにより、もし名義人の法人と連帯保証人の法人の代表者が家賃の支払いができなくなったとしても家賃保証会社がありますので安心です。

広告募集中